仕事子育てサポート企業や日本医療機能評価機構認定病院として地域を応援する大分下郡病院。

病院選びの際に、基準になるものがあるとわかりやすいです。
大分下郡病院は、日本医療機能評価機構認定病院であり、
おおいた子育て応援団「しごと子育てサポート企業」として認定されています。

両者はどのようなものなのでしょうか。

日本医療機能評価機構認定病院は、財団法人日本医療機能評価機構によって評価され、認定証の交付を受けます。
これは国民の医療に対する信頼を揺ぎ無いものとし、その質の一層の向上を図るために
病院を始めとする医療機関の機能を学術的観点から中立的な立場で評価します。
そしてその結果、明らかになった問題点の改善を支援する第三者機関です。

機構が策定する評価基準に基づき、病院の理念や医療の質に情報の提供、患者サービスなどの機能について審査を受けます。
そして各評価項目が標準的な水準以上であれば認定され、認定証を発行されます。
大分下郡病院は平成20年11月17日付けで認定され、平成25年12月6日に更新認定を受けました。

おおいた子育て応援団「しごと子育てサポート企業」とは、大分県が子育てをサポートする企業として認証します。
認証企業のイメージアップや社会的評価の向上を図り、多くの企業が認証を受けることで子育て応援社会の実現を目指す制度です。
病院内に平成19年に保育室わかばを開設し、看護師などの子供を預かり保育を行っています。

他にも次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定。
子育てと仕事を両立できる環境づくりに努めています。
このように大分下郡病院は通院や入院をする側ににとっても働く側にとってもよい病院ということです。